店主あいさつ

マジュ

1977年にインドに初めて来ましたが、そのときは、だまされる、すかされる、盗まれる、とさんざんな目にあわされ、「インド人、大嫌い!」になって日本に戻りました。
その後何回も来るうちにインドに魅入られて、今ではインドと日本を行ったり来たりしながら暮らしています。

もともとは日本でヨガを学び、インドではセラピーやメディテーションを学びました。今ではサフランロードの仕事以外ほとんど何もすることなく、のんびり暮らしています。

私は30年ほど主にインドで暮らしていますが、インドにいて風邪をひいたり、下痢したり、便秘になったりすると、インド人は「ニームがいいよ」とか、「トリファラをとりなさい」とか、自然にアーユルヴェーダのハーブをすすめてくれます。それが長年の私のインド暮らしをサポートしてくれていると感じます。
アーユルヴェーダのすばらしいところは、素材が自然のハーブであることと、5千年ともいわれる歴史の中で結果が経験的に証明されていることです。
薬は自然なものをとり、健康な体をもって、ヨガやメディテーションという方法によって、自己の神聖に目覚めることが本来の目的です。
サフランロードでは、可能なかぎり純粋自然のハーブを扱っています。化学保存料が入ってませんから、私たちも、お客様も、意識的に保存し、カビなどが生えないように注意しなければなりません。
元気がでない、胃腸がよくない、女性の生理にかんする問題、便秘でこまる、目が疲れる、物忘れがひどい、繊細肌や髪の方々、インド・アーユルヴェーダはさまざまな病んだ<気>を元気にするお手伝いをしているのです。 インドがもっている「恩恵」の一部でも日本の皆さんにシェアーできれば、ありがたいことです。

スタッフ紹介

バルダ

佐藤バルダさん

インド人と結婚し、インドにかれこれ25年以上暮らしています。大の猫好きで、多いときには60匹以上の猫の面倒を見るために、自ら「アニマル・ファーム」に寝泊まりしていたこともあるほどです。が、今はオフィス横の部屋と屋上に5-6匹の猫の世話をしながら、サフランロードの仕事をしてくれてます。


ジェフリー

ジェフリーさん

プーナ支所の仕入れや発送を担当しています。弱冠21歳で、サフランロードのホープです。


ゼビア

ゼビアさん

14歳の息子と、12歳の娘の父で、奥さんと一緒にゴアで買い入れ・発送を担当しています。

関連情報サイト

  • ブログ
  • アーユルベーダ
  • サフランロードプロジェクト
  • アーユルベーダ厳選お役立ちサイト集
購入ボタン
Copyright(c) 2010-2015 saffronroad All Rights Reserved.
saffronroad 住所: Bardez, Goa Candolim Escrivao Vaddo