インドスパイスタイトル

クローブ(ホール)

本場インドの最高品質スパイスです

クローブは、花が開くと芳香が失われるので、開花直前のツボミをガクと共につみ取って乾燥させたものがスパイスとして使われる。 乾燥させると重量は初めの3分の1になる。香辛料としてカレー、肉料理、製菓、ウスターソース、ミートソース、ケチャップなどに利用される。
「シナモンやクローブも朝からチャイを作るのに使ってます。おいしいです。自分で作って飲むと、お店のチャイが物足りなくて(笑) (3月23日、Mさん) 」というお客様からのたくさんのご感想もいただいてます

すぐ購入したい方タイトル

チャイ用スパイス

違いは一目瞭然。まじゅイチオシ

クローブの効果・効能と使い方…… 香料、黄色の染料、生薬、防腐剤などとして使用される。防錆効果も強く、またその殺菌、鎮痛作用で歯科の治療にも使われる。特徴的な香気成分はオイゲノール。 クローブはあらゆるスパイス類の中でも精油の割合が高く、約20%ある。 香りが最も効率的に抽出されるのは45度前後。 ゴキブリがこの香りを嫌うのでゴキブリ除けとしても使用されることがある。 またクローブの精油(丁子油)は日本刀のさび止めにも用いられた。 生薬としての花蕾を丁子(ちょうじ)または丁香(ちょうこう)ということもあり、芳香健胃剤である

チャイ、サフランライスに

カルダモン・シナモンクローブ・の使い方は多種多様でが、私がもっとも気に入っているのは、チャイの香辛料として一緒に使うことです。一日のはじまりにカルダモンの香りをかぐと、なにか新鮮な一陣の風が、私の心のなかで吹くような気がするんです。 おいしいマサラ・チャイの作り方おいしいサフランライスの作り方

スパイスの粒から作るマサラチャイ

……子供たちは、そこまでスパイスの味が利いているのよりも、粉にしないでそのままスパイスを入れるスパイスチャイが大好きです。

クローブ(ホール)

クローブ(ホール)

紀元前4世紀には、すでにアリストテレスがクローブの蒸留法を記述しており、古くからこの植物の薬効が知られていたことがわかる。 大航海時代にはスパイス貿易の中心的な商品の一つであった。 1

お客様からのご感想

○さっそく、チャイを堪能いたしました。なんといってもスパイスの香りが日本で売っているものとは別物?というくらいすばらしかったです。ココナッツ・ジャグリー最高です。(2月12日、Iさん)

○昨年12月におまけで頂いていたお試し用のスパイスセットでマサラチャイを作ってみたところ、あまりの美味しさにハマってしまい、毎日堪能しているところです(笑) で、驚いたのは、まじゅさんが取り扱っているスパイスは、とても極上品だということ!先日、価格と送料が安いWebショップを見つけ、カルダモン、クローブ、シナモン等を購入してみたのですが、カルダモンは小粒で中身(種?)がスカスカ、大きさも色もバラつきがあり、クローブは砕いてもオイルが滲み出てこない、シナモンも硬くて香りが弱い…と、まじゅさんから頂いたものとは雲泥の差だったので、ガーーッカリしてしまいました orz (ちなみに、全て台湾からの輸入品でした) スパイスなんて、何処で買っても大差ないだろうと思っていたんですが、全然違うんですね~! 他のショップで購入して、初めて判りました。いい勉強になりました。スパイスはもう他のショップでは買いたくないので、今後ともよろしくお願いしますです(^^ゞ (1月4日、Sさん)

○チャイおいしすぎます。 それにシナモンが甘い。 今までみたことのない 質のよさ。 購入してよかったぁ。スパイスは沢山あるから今度は紅茶だけでもいいですよね。サフランもサフランティーでのんでます(11月8日、Sさん)

お客様からたくさんのお便り。もっと読む。

クローブ(ホール)

カルダモン(ホール)


クローブ(ホール) 25g
価格 300(円/個)
Copyright(c) 2010-2015 saffronroad All Rights Reserved.
saffronroad 住所: Bardez, Goa Candolim Escrivao Vaddo