インドスパイスタイトル

シナモン(スティック)

本場インドの最高品質スパイスです

シナモンはスリランカ・南インドを原産とするクスノキ科の常緑高木で、一年中花を咲かせています。ス。大きさも、品格も、香りも、ひとレベルちがいます。
「シナモンやクローブも朝からチャイを作るのに使ってます。おいしいです。自分で作って飲むと、お店のチャイが物足りなくて(笑) (3月23日、Mさん) 」というお客様からのたくさんのご感想もいただいてます

すぐ購入したい方タイトル

チャイ用スパイス

違いは一目瞭然。まじゅイチオシ

シナモンの効果・効能と使い方……40度前後でもっとも香りを発散する。 砂糖と相性が良く、甘味を引きたたせるので菓子類に使われるほか、 カレー粉やソースにも欠かせない香辛料である。シナモンは15~16世紀の大航海時代に、東洋を目指した探険家たちが先を争って求めたスパイスの一つで、戦争の原因にもなったほど貴重で高価なものでした。2003年、アメリカ糖尿病協会の学術誌に、シナモンは糖尿病の治療に効果を発揮する、という論文が掲載されて話題になりました。

チャイ、サフランライスに

カルダモン・シナモンの使い方は多種多様でが、私がもっとも気に入っているのは、チャイの香辛料として一緒に使うことです。一日のはじまりにカルダモンの香りをかぐと、なにか新鮮な一陣の風が、私の心のなかで吹くような気がするんです。 おいしいマサラ・チャイの作り方おいしいサフランライスの作り方

スパイスの粒から作るマサラチャイ

……子供たちは、そこまでスパイスの味が利いているのよりも、粉にしないでそのままスパイスを入れるスパイスチャイが大好きです。

シナモン(スティック)

シナモンは神話にも現われる

シナモンは、旧約聖書やエジプトの古文書にも登場するなど、古くから利用されてきたスパイスで、紀元前4000年頃から、エジプトでミイラの防腐剤として使われ、また寺院の儀礼にも貴重な薫香として用いられました。

お客様からのご感想

○香りがいいスパイスですね。 そしてシナモンスティックの大きさに驚いています。 なにはともあれ、これで休日に美味しいチャイが飲めます(5月29日、Hさん)

○毎日 チャイを作ってシャタバリを入れて飲んでいます(5月23日、Sさん)

○シナモンとカルダモンはこれまで日本で買ったオーガニックの物を使っていましたが、それらとは香りが異なり、それぞれによい香りなのですがやはり産地や土壌によって個性があるのだろうかと大変興味深く思っています。(3月26日、Hさん)

○シナモンスティック、大きいですね。感激です。いただいたチャイのセット。あの特別なチャイの茶葉はなかなか手に入りません。まして、長野県では。。。とにかく、感激です。シナモンティーは、毎日飲んでいます。(3月27日、Yさん)

○シナモンスティックでシナモンティーを作ってコーヒーを落とすと、いい香りのコーヒーになります。美味しいです。また、シナモンティーは、冷めても甘くて美味しいですね。自然の甘さに感激いたします。(3月15日、Yさん)

○昨年12月におまけで頂いていたお試し用のスパイスセットでマサラチャイを作ってみたところ、あまりの美味しさにハマってしまい、毎日堪能しているところです(笑) で、驚いたのは、まじゅさんが取り扱っているスパイスは、とても極上品だということ!先日、価格と送料が安いWebショップを見つけ、カルダモン、クローブ、シナモン等を購入してみたのですが、カルダモンは小粒で中身(種?)がスカスカ、大きさも色もバラつきがあり、クローブは砕いてもオイルが滲み出てこない、シナモンも硬くて香りが弱い…と、まじゅさんから頂いたものとは雲泥の差だったので、ガーーッカリしてしまいました orz (ちなみに、全て台湾からの輸入品でした) スパイスなんて、何処で買っても大差ないだろうと思っていたんですが、全然違うんですね~! 他のショップで購入して、初めて判りました。いい勉強になりました。スパイスはもう他のショップでは買いたくないので、今後ともよろしくお願いしますです(^^ゞ (1月4日、Sさん)

○早速送って頂いたチャイセットでチャイを作りましたが、香りがとても良く本格的な味が楽しめました。 これからしばらく美味しいチャイが飲めます!(11月27日、Tさん)

○今迄に見たことのないご立派なシナモンスティックに驚きました(笑) (9月18日、Oさん)

お客様からたくさんのお便り。もっと読む。

シナモン(スティック)

カルダモン(ホール)


シナモン(スティック) 50g
価格 550(円/個)
Copyright(c) 2010-2015 saffronroad All Rights Reserved.
saffronroad 住所: Bardez, Goa Candolim Escrivao Vaddo