健康サプリ・ハーブタイトル

血液をきれいにする、ニーム

インドでは「村の薬局」とも呼ばれます

インドではひじょうにポピュラーなハーブで、血液浄化作用と解毒作用にすぐれています。熱を下げ、炎症性皮膚疾患や潰瘍粘膜を引き起こす毒素を排泄する効果があります。
私は病気になりそうな感じがすると、かならずこのニームをたくさん飲むことにしています。かなり苦いですけど、病気になるよりましですものね。毎日取るならタブレット・タイプが便利かもしれません。
「ずっと悩んでいた蕁麻疹がほとんど気にならないくらい治ってきました。 ニームとシラジットが本当に効いているのか。。。でもそれしか変わったことをしていないのです。 手作りなのが本当に安心でありがたいです(1月7日、Sさん)」など、お客様からたくさんのお便りもいただいてます。

すぐ購入したい方タイトル

自然の抗酸化剤

アーユルヴェーダでは高く評価されるハーブ

ニームの効果・効能と使い方より……私が通う朝の気功クラスがおこなわれる屋上から手を伸ばせば届くところに、ニームの木があって、私はときどき葉をとって噛んでいる。ニームはインドではたいへんポピュラーなハーブで、血液をきれいにするということから、万能薬として、粉末あり、タブレットあり、カプセル・タイプありと、よりどりみどりだが、こうやって生の葉っぱをそのまま取ると、また格別強力な気がする。味は非常に苦い。良薬口に苦しである・・・

世界ではミラクル・ハーブとも呼ばれる

ニームの効果・効能と使い方 より……ニームの粉末(パウダー)はお茶にしてのみ、ニームの油(オイル)は1000倍以上に希釈して、植物の葉っぱにかけると害虫退治になる。ニームの歯磨き粉あり、ニームの石鹸(ソープ)あり、ニームはまったく驚くべき植物である。しかも、よーく見ると木も堂々としていてクールだ。・・・

100%ピュアーなニームティーの作り方

本格的で、すごい、ニームな味わい!より……通常は、ニームティーといってもたいてい他のものと混ざっているので、本当のニームティーとは言えません。それで、私がいつも飲んでいるニームティーのレシピを特別にご紹介します。

新発売:ニーム・トゥルシ石鹸

信頼の手作りハーブ石鹸!  「ニーブ」ナチュラル石鹸は、ケミカルや、人口色素、化学保存料をいっさい使わず、自然のハーブからの手作り石鹸です。ニームやトゥルシは抗菌・抗うつ・抗バクテリア作用があり、老いやストレスで疲れた肌に潤いをもたらします。重量:25g、75g。使用期限:製造日から18ヶ月。成分: ニーム油、トゥルシ(バジル)油、ディル油、ナガルモタ油、ジェラニウム油、パーム油、マフア油、水酸化ナトリウム。「アーモンドローズ石鹸、見ただけで良い石鹸だとわかります。 以前は自分で石鹸を作っていましたので、品質の良い石鹸は美味しそうに見えます(笑)(9月6日、Kさん)」というお客様からのご感想などもたくさんいただいてます。

ニーム・オイル

ニーム・オイルは濃縮なので、直接肌につけることはできません。1000倍以上に薄めて、植物などの虫除けスプレーとして使います。
下のニームオイルは、300から500倍以上に薄めて、同じように虫除け効果としてお使いいただけます。

アーユルヴェーダ粉(パウダー)用はちみつ

はちみつ

ニーム・トリファラ・アムラなどを摂取するなら

アーユルヴェーダのハーブ粉末をお湯に溶いて飲むときに、ある種のハーブ粉末はたいへん飲みにくい味がします。アムラ粉は酸っぱいし、トリファラ粉はえぐい味だし、ニーム粉は苦い。そんなときには、このはちみつがハーブ茶をほんとうに飲みやすくしてくれます。
代々のカディワレ医師が使いつづけているアーユルヴェーダ粉用のはちみつなので、ハーブとの相性はほんとうにぴったりです。飲みやすくなり、柔らかくなり、さすが長年の経験につちかったはちみつを選択していると思います。アーユルヴェーダの粉をとるときには、味の濃いはちみつなどはかえって飲みづらくしてしまいます。が、このはちみつだとおいしく楽に飲むことができるので、まじゅは毎日愛用しています。粉をとっている皆さんはぜひお試しくださいね。ご感想もお待ちしています。

お客様からのご感想

○ニームは、パートナーが喉の痛みと発熱をうったえてきた時に 1錠飲んでもらったら、そのあと喉の痛みがなくなって飲んだり、食べたり出来るようになりました。 朝晩1錠の服用で、熱も1日半で下がりました(12月19日、Sさん)

○昨年、子宮筋腫が見つかり、生理不順や肌荒れなど体調が悪かったです。  試しにと思い、シャタバリを一年間飲用してますが  今年の検診では子宮筋腫は大きくなってなかったです。肌荒れもよくなりました。  ニームを飲用するようになったら、生理前の下腹の膨満感も減ったようです。  しばらく、この二つを飲用しながら、体調の様子をみたいと思います(10月17日、Oさん)

○カディワレ診療所の製品は、とっても、上質なものです。前回、注文したニームは、現在6人で分けて飲んでいます(4月22日、Yさん)

○二ームは、ジュクジュクといつまでも治らなかった湿疹に塗ると、2日ほどでジュクジュクがひいてきました(3月27日、Yさん)

○ニームタブレットは友人が風邪なのが咳が続いていたので、少しおすそ分けしたところ、飲み終わる頃には咳も止まり、いつもなら一カ月以上続くようなところを短期間で治すことが出来たようです! アムラはもっぱらトリートメントとして使っています。 ニームを混ぜて使っているのですが、髪がふんわりツヤツヤになります。 いろいろ自分で開発しながら試せるのもすごく楽しいことですね!(3月23日、Mさん)

お客様からたくさんのお便り。もっと読む。

ニーム粉

ニーム粉

粉末タイプは、カディワレ診療所で作っているもので、天然100%のたいへん良質のハーブです。ただパッケージ(包装)が大きな会社のものと比べると簡易なので、到着したら密閉した(遮光性)ガラス瓶などに入れかえ、カビが生えないように、乾燥した冷暗所で保存してください。賞味期限は包装日から一年です。一日2回づつ摂取すると、一か月で50gほどが消費されます。アーユルヴェーダ粉用はちみつ

ニーム粉 (50g入り)
価格 650(円/個)

ニーム粉 3個セット
価格 1,600(円/セット)

ニーム・タブレット

ニーム・タブレット

「手作りタイプのタブレット」
写真で見るとおりタブレットというより、昔の丸薬というかんじで、丸い形をしてます。化学保存料はまったく入ってませんから、これだと安心してのめますね。賞味期限は包装日から一年です。一錠250mg。

ニーム・タブレット (60錠入り)
価格 1,500(円/個)

ニーム・タブレット 3個セット
価格 3,600(円/セット)
ニーム・タブレット

「型押しタイプのタブレット」
固めるためのギーを使わないので、、そのままニームの葉の色をしてます。化学保存料は入ってません。賞味期限は包装日から一年です。一錠500mg。

ニーム・タブレット(型押し) (60錠入り)
価格 1,600(円/個)

ニーム・タブレット(型押し) 3個セット
価格 3,800(円/セット)

粉やタブレットの保存方法

カディワレ診療所製のハーブ粉や錠剤は、保存料などが一切入ってないため、そのまま袋にしまっておくとカビがはえてくる可能性があります。到着したら、すぐに遮光性の瓶などに入れかえて、乾燥した冷暗所に、常温で保存してください。到着した時点でカビなどがあれば、無料で再発送します。一週間以上たってからの交換には応じられませんのご了承のうえご注文ください。

ニーム・カプセル

ニーム・カプセル

カプセル・タイプ(Aurospirul製)は、オーガニック・ ハーブ100%で、カプセルはベジタリアン製です。化学保存料はまったく入ってませんから、安心です。賞味期限は包装日から3年。一錠500mg。開封した後は、カビが生えないように、乾燥した冷暗所で保存してください。
オーガニック・ハーブ3点セット(6,000円)はこちらから


オーガニック・ニーム・カプセル 100錠入り
価格 2,700(円/個)

摂取の仕方

カプセル・タイプは一日に二回、食事のときに1-2カプセルをとります。タブレット・タイプは、一日に2回、1-2タブレットを摂取します。粉末タイプは、一日に二回朝と夕方の空腹時に小さじ半分から一杯を、ぬるま湯か暖かいミルク+ハチミツとともに摂取します。アーユルヴェーダのハーブはすべて自然の草木です。1-3ヶ月くらいの期間、継続して摂取してみてください。

特別セール(30%OFF):ニーム・トゥルシ石鹸

ニーム・トゥルシ石鹸

成分: ニーム油、トゥルシ(バジル)油、ディル油、ナガルモタ油、ジェラニウム油、パーム油、マフア油、水酸化ナトリウム。

ニーム・トゥルシ石鹸 75g
価格 550→ 380(円/個)

ニーム・トゥルシ石鹸 25g
価格 250→ 170(円/個)

純粋(ピュアー)な、はちみつ

純粋(ピュアー)な、はちみつ

アーユルヴェーダのハーブをとるときに、純粋な蜂蜜(はちみつ)は、ミルクとともに高く評価されています。カディワレ先生の診療所で、患者さんたちに出す蜂蜜で、3種類の検査をとおった純粋な蜂蜜……
ニームの粉は苦いけど、このはちみつなら相性がいい。

容量: 250g入り。

純粋(ピュアー)な、はちみつ
価格 1,800(円/個)
Copyright(c) 2010-2017 saffronroad All Rights Reserved.
saffronroad 住所: Bardez, Goa Candolim Escrivao Vaddo